« IT系の人材募集中 | メイン | 皆さんIVRを聞いていますか? »

2009-08-03

コメント

AtoX

今回のお話は成功例ですが、「叱る」というのは難しいですよね。

そんな場面ではこっちも頭に血が上っているので、相手のために”叱って”いるのか、自分の発散のために”怒って”いるのかわからなくなると思います。

私には自分の子ども以外を大声で叱るなんてことはできないので、諭すような叱り方になってしまうのですが、それでは伝わらないことも多いと感じています。

管理人


コメントありがとうございます。

仮にAtoX さんが大声出したら、相当怖いでしょうね。

AtoX

機会(?)があれば試してみたいですね。(^^;

管理人


まあ、AtoXさんは落ち着いて静かに怖いこと言ってたりしますから、大声は必要ないかもしれませんね。

話がそれました・・

叱ろうがどうしようが、前提として信頼関係が先にあってのことだと思います。

この記事へのコメントは終了しました。

丸山栄樹著

  • 丸山 栄樹: 経営に貢献するコールセンターの構築  企画から設立、運営まで

    丸山 栄樹: 経営に貢献するコールセンターの構築 企画から設立、運営まで
    コールセンターをこれから企画構築しようとしている方、既存のセンターを改善しようとしている方に読んで頂くために書きました。上流工程の本は抽象的になりがちですが、できる限り実際の企画設計工程にそって、課題や検討テーマを解説しています。コールセンターを新規構築しようとするかたは是非お読みください。

Tools

Powered by Typepad